ブリュット・ナチュール2014

ブリュット・ナチュール2014

華やかな濃いめのスパークリング。

4年にも及ぶ長期熟成
最上級のスパークリング

 

Technical data

◆品種構成 ・ピノ ノワール56%、シャルドネ44%
◆収穫日 2014年9月11日
◆畑 植ノ山畑(樹齢2~3年、6年)
◆アルコール度数 11.9%vol.
◆総酸度 6.15g/L(酒石酸換算)
◆pH 3.40
◆生産本数 670本
◆クロージャー コルク(天然)
◆瓶詰日 2015年3月20日
◆デコルジュマン 2019年4月21日(一部 3/16)
◆発売開始日 2020年3月10日

 

Wine Story

ワイナリー創業から2年目のヴィンテージ。当時はどんなスパークリングになる事を想像していたのでしょうか。コクや複雑な味わいを視野にピノの比率を高めに設定してあります。まだ樹齢の若いピノながら存在感のあるタニックさは、4年の歳月をかけることで泡と見事に溶け込み、口中を優しく包み込むまで馴染んでいます。澱からくる厚み、イースト香も重厚感を演出し、かけた時間の長大さを感じさせます。現在発売中のワインで2014年産はすべて完売している為、こちらのワインが唯一にして最後のリリースになります。当時に比べ、ブドウも人も日々成長してきました。たまに振り返ってみたい時、最良のお供となるワインらしいスパークリングです。

 

Technical Supplements

2014年は良質なブドウを収穫できたビックヴィンテージ(当社比)です。酸味を重視して、本来よりは幾分早めに収穫を行いました。一緒に全房プレスを行い、低圧でゆっくり時間をかけて搾汁しています。発酵熟成ともステンレスタンクのみで、澱引きを繰り返し、ワインの雑味を取り除いています。瓶詰後から4年の間は特に何もせず、眺めるだけ。ワインメーカーに出来る事は温度管理のみでした。デコルジュマンの日にちが(?)なのは実は手動でルミアージュした分と、ジャイロパレットを使用した分。どうか手動の方が良い味だなんて思わないように...。造ってる側でも差は分からないのですから。

¥3,960価格
ヴィンテージ
内容量