メルロ2016

ウッディファームの歩みとともに変化をおそれぬスタンダードメルロ。

柔らかさと慎ましさ

トーンを抑えた大人のメルロ。

 

Technical data

◆品種構成 メルロ97%、カベルネ・ソーヴィニョン3%

◆収穫日 2016年10月5~19日

◆畑 立道畑(X棚、樹齢40年)及び楢下畑、水上畑(スマート ・マイヨルガー、一文字短梢、樹齢6~7年)

◆アルコール度数 10.9%vol.

◆総酸度 5.0g/L(酒石酸換算)

◆pH 3.55

◆樽比率 100%(古樽)、10~12ヵ月熟成

◆生産本数 3955本

◆クロージャー コルク(DIAM10)

◆瓶詰日 2018年1月23日

◆発売開始日 2018年12月3日

 

Wine Story

個性ある3か所のメルロ畑を大まかに分けると、酸味畑、香り畑、ボリューム畑となります。それぞれ毎年のように収穫 時期を悩ませ、2016年は2週間に渡って収穫を行いました。

畑の特色を生かすべく、酵母も使い分けて長期間低温で醸した後は全て古樽へと詰めました。春になりセラーの中では徐々にMLFがスタートし赤ワインの味わいに変化した時は ホッと安心…(この時、ワイナリー勤務は一人…)

ブレンドしてみると際立っていた個性が丁度良く収まり、今までのヴィンテージの中では一番おっとりした味わいになりました。当初感じられたスパイシーさよりは、メルロの持つ優しい味わいを表現しています。

 

Technical Supplements

畑毎の特色を生かせるように酵母別で仕込んでいます。また醸造時の亜硫酸も不使用です。低温でゆっくり立ち上がり、長期間のマセラシオンでも苦味を過剰に抽出しないように管理しました。プレス後は十分に澱を沈殿させてから上澄みを古樽へと分け入れ、10~12カ月セラーにて管理しました。ブレンドでは若干のカベルネを入れることで、メルロの優しさの中にもピシっと芯が通る感じがしたので僅かながら加えています。徐々に瓶熟による熟成香が出てくるのが楽しみなワインです。

¥2,420価格
ヴィンテージ
内容量